SEASONへのお電話でのお問い合わせは0120-38-8078(月〜金曜日10:00〜18:00) 資料請求・お問い合せ SEASONクラブ会員登録
よくある質問[旅行中]
 

通貨の両替はどこでするのがよいですか?

現地の銀行、現地の空港、ホテルなどで両替ができます。
基本的に換金率のよい順番で挙げましたが、国によって違う場合がありますので、個別にアドバイスいたします。

 

預ける荷物と機内持ち込み手荷物の制限は?

機内に預ける荷物(受託手荷物)の場合、アジア・ヨーロッパ線の手荷物の合計は、ファーストクラス40kg、ビジネスクラス30kg、エコノミークラス20kgです。機内持ち込み手荷物の重量制限は特にありませんが、一人ひとつとなっており、原則大きさは3辺の合計が150cmまでになっております。
テロの関係で、手荷物の制限は大変厳しくなっており、最近では液体の持ち込みにかなり厳しい制限がありますのでご注意ください。

 

時差ぼけは大丈夫でしょうか?

人間の体内の器官は、規則正しいリズムで動いています。このリズムが時差によって乱れるために、時差ぼけが起こります。日本からアメリカやハワイなど東へ向かう場合は、1日の周期は短くなり、ヨーロッパなど西へ向かう場合は1日の周期は長くなります。人間の体のリズムは、周期が短くなるほうが順応しにくいため、西行きのほうが時差ぼけの症状が顕著に現れます。
日数的に余裕があれば、一週間くらい前から早く寝るなど、身体のリズムを現地時間に近づけておくのがベストです。飛行機に乗ったら、時間を現地にあわせて気持ちも切り替えてみましょう。眠気にまかせて寝ないように心がけ、どうしても眠いときには30分程度の仮眠ですませます。
現地到着が昼間の場合は、外に出て散歩をするのがおすすめです。日の光を浴びることで体内時計がリセットされ、現時時間に適応できます。
どうしても眠くて夜まで我慢できないときは、3時間程度ホテルのベッドで寝てもよいでしょう。これはアンカー睡眠といって、生体リズムを維持しながら分割して眠る際に必要な最長の目安。これ以上長いと身体のリズムを現地時間に切り替えられなくなるので、つらくても3時間以上は眠らずに起きていることが大切です。

 

ツインベッドを指定したいのですが。

特に欧米では、1室を2名で利用する場合、ご夫婦はダブルベッドに泊まる習慣があります。
ご夫婦でツインベッドをご希望の場合は、必ずチェックインの前に確認することをおすすめします。

 

ホテルでのチップの目安はいくらでしょうか?

チップは、日本でいうならサービス料・奉仕料のことで、相手のサービスに対して感謝の気持ちから現金を渡す風習のことです。チップの支払いは、飲食店やホテルを利用したとき、お店でショッピングをしたとき、タクシーを利用したときなどに、本来の料金に上乗せした形になります。だいたい10%から15%が相場といわれています。
海外では日本と違う習慣が数多く、注意すべき点もありますので、メールやお電話でのカウンセリング又は出発前のセミナーなどで確認され、十分把握されることをお勧めいたします。

▲このページのトップへもどる